韓国ドラマ 逆転の女王 あらすじ

2011年06月06日

韓国ドラマ 逆転の女王 あらすじ 7話



トッポッキ店でバイトを始めたジュンスだが
偶然テヒに見られてしまって尻餅をついてしまう。

テヒはジュンスと言い合いになるが、結論が出るはずもなく
最後に一緒に買い物をした女が誰なのかジュンスに聞く。 

ヨジンは、ジュンスが働くトッポッキ店の閉店間際に現れて
トッポッキを食べるのだが、ジュンスと帰る時、母親の危篤の連絡が入る。 

トッポッキ店のオーナーは、ジュンスの熱心さに
頑張れば分店を出せると申し出、ジュンスも元気になる。

ジュンスは、店舗を出す資金の工面のために、ソヨンのダンナに借金を申し込むが。 

特別開発チームのメンバーは
テヒが勝手に引き受けたヨンシクのミッションをやる気が無く

ひたすら時間をつぶすのだが、男性社員はお酒まで飲んでしまうだらしなさであった。 

ジュンスは、初めて作ったトッポッキを
テヒに食べさせるために会社に行くが、ヨンシクがテヒの上司であることを知ってしまう。


なんか堂々めぐりだよね。




 
カテゴリ別アーカイブ
SEOパーツ
  • SEOブログパーツ
Add to Google
  • ライブドアブログ

ローヤルゼリーの成分